協業型システム開発 Saas

システム開発 低価格モデル

TOP>低価格システム導入の秘訣

協業型システム導入で、低価格オリジナルシステムの導入

 協業型システム開発は、従来1000万以上のシステムで、ハードの入れ替えが発生して膨大な費用が必要なシステムを約半額で再構築しする仕組みです。その作ったシステムを他社に販売することにより当社は利益を創出しようという仕組みです。

1.従来のシステムのリプレースになり、新なサーバーの購入やネットワーク機器に高額が費用がかかる場合。

2.独自のシステムを導入したいが、安価なパッケージソフトが無くこまっている。

3.システムが高価で導入を躊躇している。

高価なシステムのお悩みに

1.クラウド型システムで、ハードの購入は必要なりません。

 ※無停電装置はいりません、VPN等のネットワーク設定はいりません(ランニング費用はこの部分でも安くなります)、サーバーはいりません

2.開発費用も当社独自の、自動化システム及びシステム部品により迅速かつ安価に構築が可能です。

なぜ協業でシステムが安く構築できるか

1.当社はできあがったシステムを他社に販売を行います。(利益はここ)

2.御社と協業で、システム販売も可能です。(新しいビジネスモデルがここに)

だから低価格で開発が可能なんだ

協業型システム開発の事例

O様

システムは、ソフトのみで約1500万円で導入しました、導入後ハードの入れ替えになり、サーバーやネットワークの入れ替えが必要となり800万円の見積となり、悩まれていましたが、ハードの入れ替え費用より低価格で使えるシステムになりました。

システムの問題解決

!とこられたら、お気軽にお問合せフォームまたはお電話下さい。

お電話でのお問合せは、083-976-5215 野村

お問合せフォーム


 

Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。
 

は必須入力となります。

プライバシー・ポリシー


Copyright(C) 2011 株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン Business Logic Japan.,co.Ltd. AII Rights Reserved.