☎083-976-5215 


ビッグデータ | ビッグデータを利用した業務システム開発 | 山口県山口市の業務システム開発のBSLG

山口県山口市のITシステム開発のBSLG

ビッグデータ利用の業務システム開発(山口県山口市 ITシステム開発BSLG)

ビッグデータ利用の業務システム開発を行っている 株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン(BSLG)から

 ビッグデータを、業務システムにどのように行っていくか、ビッグデータ利用の業務システム開発の山口県山口市のシステム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンが解説を行っていきます、ビッグデータを利用した業務システムは世界的にも事例は少ない状況です。従来のSQL型データベースになれた場合、NO SQL型のデータベースであるビッグデータ利用の業務システム開発は大変な苦労が生じます。
 ビッグデータ利用の業務システム開発事例が無い、ことやデータベースの最適化をいかに行うかについて解説いたします。

 ニューコロナやDXは多く語られている、このようなことに取り組む企業があってもいいと考えています。そんなことに取り組み、株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンに興味をお持ちの企業様お気軽にお問合せ下さい。また弊社は、サーバーレス型の開発にも取り組んでいます。お気軽にお問合せ下さい。

ビッグデータとは

 ビッグデータとは、大きいデータということでがビッグデータの定義を、データベースとしてのビッグデータについて解説します、Amazon DynamoDBを中心に解説したしまっすが、技術的内容ではなく概念的な内容での業務システムでの関連性についての解説です。その他、Amazon S3に該当する画像データ、ビデオデータなど非文字データの活用に関しても解説したします。
 Amazon DynamoDB(ダイナモ)は、数ペタ単位のデータを保有します。バックアップはAmazon S3に行います。

 

ビッグデータは、データの量、速度、多様性の増加に伴って生じる、従来型のデータベースでは解決できないデータ管理の課題を解決します。
ビッグデータには様々な定義がありますが、一般にそれぞれにはビッグデータの「3 つの V」として知られた概念が含まれます。

Volume (量) : テラバイトからペタバイトまでのデータが含まれます。

Variety (多様性) : 幅広いソースや形式のデータ (ウェブログ、ソーシャルメディアのやりとり、E コマーストランザクションとオンライントランザクション、財務取引など) が含まれます。

Velocity (速度) : 企業において、データが生成されてから、実用可能な洞察がユーザーに提供されるまでの時間的要件は厳しくなっています。そのため、データの収集、保存、処理、分析を比較的短い時間枠 (日次からリアルタイム) で行う必要があります。

DynamoDB の料金の例

  •  基本的な料金例

    この例では、オンデマンドキャパシティーモードを使用した場合の DynamoDB の料金がどのように計算されるかを説明しています。

    米国東部 (バージニア北部) リージョンで、新しいテーブルを作成したとします。このテーブルは新しいアプリケーションで使用するため、トラフィックパターンがどのようになるかはわかりません。説明を簡単にするために、ユーザーがアプリケーションとやり取りする度に、1 KB の書き込みが 1 回発生し、1 KB の強力な整合性のある読み込みが 1 回実行されるとします。

    最初の 10 日間、アプリケーションへのトラフィックは少なく、1 日にテーブルでの読み込みと書き込みがそれぞれ 1 万回実行されました。しかし、11 日目にアプリケーションがソーシャルメディアで注目を集めたため、その日の読み込みと書き込みはそれぞれ 250 万回となり、アプリケーションのトラフィックが跳ね上がりました。DynamoDB では、ユーザーにシームレスな体験を提供できるよう、リソースがスケールされます。その後、アプリケーションのトラフィックパターンは落ち着き、月末まで 1 日平均の読み込みと書き込みはそれぞれ 5 万回となりました。以下の表は、その月の総使用量をまとめたものです。

    期間 (その月の日付)

    書き込み総数

    読み込み総数

    1~10

    10 万回の書き込み (1 万回の書き込み × 10 日間)

    10 万回の読み取り (1 万回の読み取り × 10 日間)

    11

    250 万回の書き込み

    250 万回の読み取り

    12~30

    95 万回の書き込み (5 万回の書き込み × 19 日間)

    95 万回の読み取り (5 万回の読み取り × 19 日間)

    月間合計

    355 万回の書き込み

    355 万回の読み取り

    月額料金

    4.44 USD (100 万回あたり 1.25 USD × 3.55)

    0.89 USD (100 万回あたり 0.25 USD × 3.55)

     

    データストレージ: DynamoDB の継続的モニタリングによれば、月初の時点でテーブルによるストレージの占有容量が 25 GB であり、月末の時点では 29 GB にまで拡大し、月平均が 27 GB であったとします。最初の 25 GB のストレージは、AWS 無料利用枠に含まれます。残りの 2 GB のストレージについては 0.25 USD/GB が課金されるため、その月のテーブルストレージコストは 0.50 USD となります。

    その月の請求額は合計で 5.83 USD となります。内訳は、読み込みと書き込みに 5.33 USD、データストレージに 0.50 USD です。

ITシステム開発の大きな変化に対応 BSLG(山口県のIT開発企業)

 AWSクラウドとWindows10端末を利用したITシステム開発になります。c# サーバーレス・dynamo db (ビッグデータ)を利用したITシステムやWEB系最先端の vue.jsを使用したクラウド・システムなどを提供します。

山口県山口市の企業から世界最先端のITをご提供する株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン


ITシステムの進化

 ITシステムは、クラウドの発達・クラウドソフトの発達により、進化しています。
IT端末(IT機器)の進化も時代と共に発達しています、IT機器のディバイスの発達とともに受け止めるクラウドの対応も進化しています。
御社のITシステム方向性及びITシステム開発に関する懸案事項をお問合せを下さい。

高度なIT技術を使った関連サービス・ソリューション

ビジネス・ロジック・ジャパンが提供する関連サービス及びソリューション

観光タクシーシステム


観光タクシーは受付・配車・見積・請求・入金を行うシステムです、大手貸切・観光タクシー会社にも多く採用されています。

詳細を見る

観光バスシステム


観光バスシステムは受付・配車・見積・請求・入金を行うシステムです、大手観光・貸切バス会社にも多く採用されています。

詳細を見る

チェーン店向け勤怠シフトシステム


シフト管理と勤怠管理を複数店舗・事業所・工場で行うシステム、より効率的な店舗運営手法で実績もあり高評価システムです。

詳細を見る

お問い合わせ

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォーム、お電話でお願いいたします。

083-976-5215   


メールでのお問い合わせはこちら